爪水虫を完治させる方法とは|病気を寄せ付けない効果的な治療

女医

種類で違う効果

足に触れる手

厄介な水虫を撃退するためには、水虫に効く薬を使うことで完治させることができます。また病院で処方される水虫専用の薬は、症状を確認した上で処方をするため、確実に水虫を治すことができるでしょう。ただ近年は、薬局で薬を購入し、自己ケアで治す方がおられますが、市販の薬と病院の薬では、成分や効き方に違いがあります。また、市販の薬を使う人の中にはこれで治るからと病院へ行かない方もおられます。この場合、水虫が再発をする恐れがあるため根本的に治す場合は医師に水虫の状態を診てもらい、処方させる方が確実なのです。

水虫に使われる薬は、主にイミダゾール家位とベンジルアミン系、チオカルバミン系の3つになります。これらの薬は、病院でも処方されることが多くそれぞれ持っている特徴が違います。イミダゾールは、白癬菌によく効くと言われており、こちらは女性に多いカンジダ菌の治療にも使用されるようです。市販の薬にも処方箋と同じような成分が含まれていますが、量が少ないため効きづらくなる可能性があります。やはりきちんと治したい場合は、病院へいき、処方してもらうことが一番だと考えられています。では、処方箋と市販薬ではなにが違うのでしょう。処方箋は、薬剤師の免許を持つ人物しか扱えない薬が処方されます。そのため、効果てきめんの薬を手に入れることができます。また、保険が適用されることが多くなるため、市販の薬よりも安く手に入るという経済的利点もあるでしょう。反面市販の薬だと、水虫に効果が出ない場合が多く、治りが遅くなる可能性があります。